忍者ブログ
日々の記録
[207] [204] [205] [203] [632] [202] [201] [630] [199] [200] [197]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[01/22 皇子]
[11/07 雨昼 塵]
[10/31 BlogPetのくっぴー2号]
[09/01 BlogPetのくっぴー2号]
[08/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 はるな]
[08/25 BlogPetのくっぴー2号]
[08/18 BlogPetのくっぴー2号]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
えぞ
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/23
職業:
SE
趣味:
いろいろ
自己紹介:
頭を使うことを比較的好むが、難しいことは不得手。
博覧強記を目指すが、底は浅い。
凝り性な反面、飽きっぽい。
ゲーム好きで、ギャンブル嫌い。
座右の銘
「なるようになる」
「明日できることは今日しない」
カウンター
広告
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「俺はこう見えて、昔は名の知れたハンターだったんだぜ。人間に危害を及ぼした動物を退治するのが主な仕事だった。」

「あんときゃ、熊が相手だった。知ってると思うが、熊ってやつはめったに人を襲わねえ。だが、一旦人間の味を覚えちまうと好んで人を襲っちまうんだよな。そんときも人間に被害が出たから俺の出番だったってわけさ。」

「普通は罠を仕掛けて、はまったところをやりゃあいいんだが、そいつは賢かったね。一回もかすりもしねえ。」

「しょうがねえ、ってんで俺自身が探し出してしとめることにした。ま、熊を相手にすることは何度もあったし、問題ないと思ったんだな。」

「ベースキャンプを出発したのが朝、何時ごろだったかな? ま、日のまだ昇りきってない頃に出発して、まずは南に向かっていったわけよ。腕のいい俺だったから、すぐに見つけたね。すぐったって昼前にはなってたけどよ。ずっとまっすぐ調べていったんだから、最短距離だよ。」

「そいつをはじめて見たときゃ緊張したね。普通のやつの倍くらいはあったんじゃないか?いやあ、でかかったなあ。」

「俺はすばやく猟銃をかまえて慎重に狙いをつけた。いける!と思った瞬間、向こうも気配を察知したのか、逃げ出そうとした。」

「あわてて、俺も撃ったが、あっという間に逃げられた。ただ、弾はそいつの体をかすめていったらしく、血の跡が転々と残っていた。」

「今度はその血痕を慎重に追跡するわけだ。足跡はまっすぐ西に向かってたね。んで、だいぶ日も暮れかかってきた頃にようやく追いついた。夜になったら追跡も満足にいかないから、実質その日のラストチャンスだ。」

「その一発は俺の生涯でもそう何度もないようなベストショットだった。鉛の弾丸はやつの眉間を正確に捉えていた。自分で言うのもなんだけど、あの状況であの射撃ができるのも俺くらいしかいないよ。」

「んで、しとめた獲物をひきずって、そこから真北にあるベースキャンプに帰っていったんだよね。もう、むちゃくちゃ重かったからまっすぐキャンプに向かったよ。」



「ここで問題だ。 その熊の色は何色だったと思う?」


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]