忍者ブログ
日々の記録
[664] [745] [744] [743] [742] [741] [740] [739] [738] [737] [736]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[01/22 皇子]
[11/07 雨昼 塵]
[10/31 BlogPetのくっぴー2号]
[09/01 BlogPetのくっぴー2号]
[08/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 はるな]
[08/25 BlogPetのくっぴー2号]
[08/18 BlogPetのくっぴー2号]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
えぞ
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/23
職業:
SE
趣味:
いろいろ
自己紹介:
頭を使うことを比較的好むが、難しいことは不得手。
博覧強記を目指すが、底は浅い。
凝り性な反面、飽きっぽい。
ゲーム好きで、ギャンブル嫌い。
座右の銘
「なるようになる」
「明日できることは今日しない」
カウンター
広告
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デビットフィンチャーは悪意の塊だ。
悪意の権化だ。
悪意のデパートだ。
悪意の神様だ。
ここまで徹底した、様々な悪意を描ける人間も珍しい、というか皆無じゃないか?
もちろん、ほめ言葉。

『セブン』では鬱屈した男の「静かなる悪意」が描かれ、
『ゲーム』では一人の人間を精神崩壊寸前まで追い込む
「システムとしての悪意」が描かれ、
そしてこの『ファイトクラブ』では「アッパー系悪意」とでもいうべき、
ハイテンションでハイスピードな暴力と破壊が描かれている。
彼らの行動を僕は「悪意」とは書いているものの、
本人たちは悪いことだとは思っていない。
信念を持って、他人への悪意を振るうのだ。
これは恐怖である。

さて、『ファイトクラブ』では先の2作品とは大きく違う点がある。
それは、主人公がフィンチャーの用意した「悪意」から解放されているところだ。
『セブン』ではジョン・ドウのシナリオどおりに彼を殺した。
『ゲーム』では解放のために死を望むが、それすらもゲームの一部であった。
しかし、『ファイトクラブ』のみ、主人公が支配されていた
悪意の象徴「ダーデン」を乗り越えることができたのである。

「これからは全てよくなる」
主人公であるところの「ぼく」はそう言い残す。
そして、ビルは爆破され、ゼロからの再生が暗示される。
・・・ところまではよかったのだが、そこはフィンチャー。
最後にとっておきの「悪意」をみせつけてくれる。
ほんとにイヤなやつだ。もちろんほめ言葉。

93点。
次は『パニックルーム』観よっと。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]