忍者ブログ
日々の記録
[633] [716] [715] [713] [712] [711] [708] [707] [706] [705] [704]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[01/22 皇子]
[11/07 雨昼 塵]
[10/31 BlogPetのくっぴー2号]
[09/01 BlogPetのくっぴー2号]
[08/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 はるな]
[08/25 BlogPetのくっぴー2号]
[08/18 BlogPetのくっぴー2号]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
えぞ
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/23
職業:
SE
趣味:
いろいろ
自己紹介:
頭を使うことを比較的好むが、難しいことは不得手。
博覧強記を目指すが、底は浅い。
凝り性な反面、飽きっぽい。
ゲーム好きで、ギャンブル嫌い。
座右の銘
「なるようになる」
「明日できることは今日しない」
カウンター
広告
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、観たてほやほやの感想。

最後の最後には怒るわけでもなく、嘆くわけでもなく、
ただおどけて、世界へと飛び出していく。
彼のほんとの心理状態がどうであったか、僕には想像もつかない。
ま、ジムキャリーらしい終わり方だなと思った。

その後の彼が、番組がどうなったか。
そんなことは視聴者の誰も気にも留めやしない。
ただ、別のチャンネルに変えるだけ。
そのことこそがこの物語の最大の主題であり、
恐怖なのではないだろうか。
『トゥルーマン・ショー』の『トゥルー』は
誰にとっての真実だったのだろう?
先の通り、視聴者でないことは明らかだ。
トゥルーマン自身も外の世界に真実を求めている。違う。
番組制作者? そうかもしれない。
だが彼らもトゥルーマンの行動に右往左往させられ、
最終的な「反逆」にはなすすべもなかった。
真実を創り出すことはできなかったのだ。

ここには気味の悪い三すくみの構造があるように思える。
視聴者は製作者に安易なドラマを求め。
トゥルーマンは外の世界(敷衍させて視聴者の世界)に自由と開放を求め。
製作者はトゥルーマンに箱庭世界の安定を求めていた。

結果として、この中でもっとも切迫していて、
もっとも強かったのがトゥルーマンだったということなだけなのだろう。
そして、他の二者の夢はたやすく崩壊した。
だがしかし、トゥルーマンの夢も成就するとは決まっていないのだ。
数年後、父親のようにホームレスの姿で、
ディレクターの前に姿を現すというシナリオも十分考えつくのである・・・。

つかみどころのない、不安定な印象を受ける。『ゼイリブ』みたい。
79点。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]