忍者ブログ
日々の記録
[716] [715] [713] [712] [711] [708] [707] [706] [705] [704] [702]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[01/22 皇子]
[11/07 雨昼 塵]
[10/31 BlogPetのくっぴー2号]
[09/01 BlogPetのくっぴー2号]
[08/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/24 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 BlogPetのくっぴー2号]
[12/17 はるな]
[08/25 BlogPetのくっぴー2号]
[08/18 BlogPetのくっぴー2号]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
えぞ
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/23
職業:
SE
趣味:
いろいろ
自己紹介:
頭を使うことを比較的好むが、難しいことは不得手。
博覧強記を目指すが、底は浅い。
凝り性な反面、飽きっぽい。
ゲーム好きで、ギャンブル嫌い。
座右の銘
「なるようになる」
「明日できることは今日しない」
カウンター
広告
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず、77点。
テレビでやっていたり、他にレンタルで観るものがなければもう一度観るだろう。
皆さんにおかれましては他に観たい映画がなければ劇場上映を観ても楽しめると思います。
でも、日本語吹き替えの方がいいかもしれない。理由は後述。

初めに褒める。
はっきりいって、これまで体験したことのないアクションです。
人間にここまでの動きができるとは。感激です。
とりあえず、主演のトニー・ジャーにはそのまま体操競技に出てみてもらいたい。
もう、身のこなし軽すぎ。

あと、登場人物全員、ムチャしすぎ。
たぶん、同じようなアクションを2,3作撮ったら死人が出るよ?
それくらい、限界に挑戦したアクションです。
確かにCGは使ってないっぽいです。ヤバイです。
でも、早回しは随所に使ってるんですけど。誰だ? 嘘ついたやつぁ。

ムエタイの格闘シーンというのも未体験でしびれた。
映画史上最も肘打ちの回数が多い映画だと断言できる。

そして、相手の攻撃をほとんどよけないんだよね。何を持ってても。
それだけ、鍛え上げた肉体ですよということなのだろう。

あと、エンドロールはジャッキー映画さながらにメイキングシーンが流れるんだけど、
これは必見です。面白い。DVDになったらそこだけでも観たい。

さて、不満点。
これはどうしようもないことだと思うけど、役者の声があまりよろしくないです。
主人公、ヒロインともに声が甲高くてちょっと厚みに欠けるって感じ。

人物設定がちょっと下手。そして、登場人物を無駄に死なせすぎ。
「たかが石ころひとつ」取り戻すのに犠牲が中途半端に大きすぎる。
はっきりいって消化不良で、憤っています。
もしもこの苛立ちを狙って作ったんだとしたら、
この監督と脚本家をヘッドロックながら褒めてやりたい。

何度も言うけど、アクションは一見の価値ありです。それ以外はどうも合いませんでした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]